« Chinese Wall | Main | Get Lifted »

February 24, 2006

Revenge

Eurythmics/Revenge

Revenge

アニー・レノックスとデイヴ・スチュワートのユニット、ユーリズミックスの5枚目のアルバム。86年発表。
エレクトロ・ポップスとソウルの融合が特徴であるユーリズミックスですが、この作品はソウル色の強かった前作に比べ、ポップ色が強い作品です。
プロデューサーとしてのデイヴ・スチュワートの自信の表れか、珍しく、ジャケットに彼が写っています。
相変わらず、ボーカルのアニーの声も素晴らしいです。

おすすめとなると、シングルとしてもヒットした②Thorn In My Side、③When Tomorrow Comesですかね。
ほか、①Missionary Man、⑥Let's Go!あたりもいい感じです。

最近、各アルバムのスペシャルバージョンのリマスタ盤と、”Ultimate Collection”と銘打ったリマスタされたベスト盤が発売されましたが、買おうか迷いましたけど、とりあえずベストだけ買いました。
結構気に入っています。
ユニットとしてまた活動してくれるのでしょうか? 気になります。

|

« Chinese Wall | Main | Get Lifted »

Comments

私は、女性ボーカルでは、アニーが、
一番好きです、初めて、スウィートドリームス
のPvを見た時、一気に、ハマってしまいました、
このアルバムも好きですが、個人的には、
前作の、ビーユアセルフトゥナイトが好きです。
99年ぐらいに、再結成した噂が。
アニーの、ソロ活動は、有名ですよね。

Posted by: show | February 25, 2006 at 10:28

「Be Your~」もかなりソウルぽくって良いですよね。
アニーのソロアルバムもよく聴きました。
99年の再結成作品の後、アニーがソロを出したぐらいでユニットの活動がなかったのでどうかな?っと。
ベスト盤に新曲が、収録はされてたんですけどね。

Posted by: Poyo | February 26, 2006 at 19:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81244/8818173

Listed below are links to weblogs that reference Revenge:

« Chinese Wall | Main | Get Lifted »