« Boy In The Box | Main | Wheels Are Turnin' »

February 02, 2006

Cafe Bleu

The Style Council/Cafe Bleu

cafe_bleu

スタイル・カウンシルの1st(フル)アルバム。84年発表。
元ジャムのポール・ウェラーがキーボード奏者のミック・タルボットと組んだユニットで、ファンク、ジャズ、ソウル、ボサノバを随所に取り入れている音楽性がUKや日本でかなり人気を呼びました。

インスト曲が結構収録されているんですが、おすすめとなるとシングルとしてヒットした⑥My Ever Changing Moodsや⑨Strength Of Your Nature、⑩You're The Best Thingあたりですかね。

その洗練された音楽と、おしゃれなファッションはいかにもUKって感じでした。
彼らは音楽活動のほか、政治活動も積極的に行っており、その事が作品にも出ていました。
特に2作目は、かなり政治色の強いメッセージ曲を含んでいます。

|

« Boy In The Box | Main | Wheels Are Turnin' »

Comments

おしゃれな音に乗せて、政治的なメッセージを発する・・・この頃もウェラーは青筋を立ててたんですね、熱い人です。
「My Ever Changing Moods」はシングルヴァージョンが好きだったので、アルバムのは弾き語りだったときには正直ショックでした。

Posted by: heavytopper | February 03, 2006 at 23:42

この頃のポール・ウェラーはいろんなバージョンのシングル出してましたからね。
シングルバージョンの「My Ever~」は確かにかっこよかったです。

Posted by: Poyo | February 04, 2006 at 19:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81244/8468893

Listed below are links to weblogs that reference Cafe Bleu:

» 形式評議会 [All Mod Cons]
Paul Weller を最初に聞いたのは実はここから。My Ever Changing Moodsを会社の同僚から教えてもらって聞き出しました。その後 The Jam にさかのぼり、今にいたります。UKオリジナル7inchを全部そろえようという暴挙にでたため、かなり散財しました。何セ、このころの師匠は7inchを出しまくり、コレクターなかせでした。このアルバムのすごいところはやってる音楽がばらばらなのに何... [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 13:27

« Boy In The Box | Main | Wheels Are Turnin' »