« 80's名盤(37)「ブラザーズ・イン・アームス」 | Main | The Breakthrough »

January 27, 2006

Out Of The Cellar

Ratt/Out Of The Cellar

out_of_the_cellar

ラットのデビューアルバム。84年発表。
邦題は「情欲の炎」。(しかしとんでもない邦題です。この頃はこういうの多かったです)
ポップ&メロディアスでヘヴィなサウンドで、LAメタルと言われたバンドの代表格の1つです。
その独特の音楽性は「Ratt’n’Roll」ともいわれました。
そして、甘いルックスもあって、女子の人気もすごかったです。

シングル曲③Round And Round、⑧Morning Afterをはじめ、①Wanted Man、⑤She Wants Money、⑩Scene of the Crimeあたりがおすすめです。

この後、80年代後半までいわゆる、LAメタルブームが巻き起こりました。
91年を最後に解散しましたが後に再結成されています。

|

« 80's名盤(37)「ブラザーズ・イン・アームス」 | Main | The Breakthrough »

Comments

メタル系のバンドの中では、すごく、聴き易い
バンドでした。
あとボン,ジョビも同じ系統になるのでしょうか?

Posted by: show | January 27, 2006 at 21:17

ポップだけどヘヴィって感じでしたね。確かにかなり聴きやすかったです。
ボン・ジョヴィはLAメタルの括りには入れられてはいませんね。
まぁ、ジャンル分け自体あんまり意味ないですけど。

Posted by: Poyo | January 27, 2006 at 22:52

σ(゚∀゚ オレ!! は、ラットちゅ~と、なぜかモトリークルーを思い出す。ども音ログから、流れてきました。さよなら

Posted by: mixjuice | January 30, 2006 at 04:18

mixjuiceさんはじめまして。
ラットいえば、モトリーというのは、LAメタルを聴いてた人は結構思うんじゃないでしょうかね。
2枚看板みたいな感じでしたし。

Posted by: Poyo | January 30, 2006 at 20:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81244/8367075

Listed below are links to weblogs that reference Out Of The Cellar:

« 80's名盤(37)「ブラザーズ・イン・アームス」 | Main | The Breakthrough »