« Dream Of The Blue Turtles | Main | Kick »

December 26, 2005

Knee Deep In The Hoopla

Starship/Knee Deep In The Hoopla

knee_deep_in_the_hoopla

ジェファーソン・スターシップからポール・カントナーが抜けてスターシップと改名した後の1stアルバム。85年発表。
聴きやすいポップ&ロックで、全く別バンドと言ってもいいような変身の仕方をしています。
ミックとグレースと言う男女のツイン・ボーカルが特徴で、絶妙なハーモニーで耳ざわりのよい音楽です。

2曲のNo.1ヒット曲①We Built This City(邦題:シスコはロック・シティ)、②Saraはもちろんの事、⑤Desperate Heart、⑧Heart Of The World (Will Undersatand)あたりもおすすめです。

その後、映画の主題曲、「Nothing's Gonna Stop Us Now(邦題:愛はとまらない)」も大ヒットしてこの時期は結構売れていました。

|

« Dream Of The Blue Turtles | Main | Kick »

Comments

Poyoさんと、同じく、すごく聴きやすいと、
思います、今も、関西の、ラジオリクエスト
で、よくかかってます。
映画(マネキン)の、主題曲でしたよね、
この映画、すごく好きなんですよ。

Posted by: show | December 26, 2005 at 20:58

80年代を代表する曲のひとつですね。
確かにラジオなどで今もよく聴きます。
「マネキン」の主題歌と言うことは知っていますけど、映画は全くもって疎いので内容はよく分かりません。

Posted by: Poyo | December 27, 2005 at 19:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81244/7851582

Listed below are links to weblogs that reference Knee Deep In The Hoopla:

« Dream Of The Blue Turtles | Main | Kick »