« Knee Deep In The Hoopla | Main | Pump »

December 27, 2005

Kick

INXS/Kick

Kick

インエクセスの6作目にあたるアルバム。87年発表。
オーストラリア出身のバンドで、この作品が代表作になるかと思います。
ソウル・ファンクの香りもするロックサウンドを聴かせてくれています。
また、ボーカルのマイケル・ハッチェンスは当時、最もセクシーな男とも言われていてかなりの人気がありました。
確かにかなりカッコよかったです。

シングルヒットした、②New Sensation、③Devil Inside、④Need You Tonightをはじめ、⑧Never Tear Us Apart、⑩Kickあたりもおすすめです。

この後もコンスタントにアルバムを発表して人気もあったのですが、97年のマイケル・ハッチェンスの自殺により活動が停止してしまいます。

|

« Knee Deep In The Hoopla | Main | Pump »

Comments

もう、言う事無し、
最高です。

Posted by: show | December 27, 2005 at 21:17

本当にいいですよね。
マイケル・ハッチェンスが亡くなった事が悔やまれます。

Posted by: Poyo | December 27, 2005 at 23:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81244/7864142

Listed below are links to weblogs that reference Kick:

« Knee Deep In The Hoopla | Main | Pump »