« March 2005 | Main | May 2005 »

April 29, 2005

さらに、ジャーニーがらみというか、名盤です

Bad English/Bad English

bad_english

バッド・イングリッシュの89年発表の大ヒットしたデビュー作。
バッド・イングリッシュとは、ジャーニーのニール・ショーンとジョナサン・ケイン、そして、元ベイビーズのジョン・ウェイト、リッキー・フィリップス(ジョナサンも元ベイビーズ)そして、後のジャーニーでもドラムを叩くこととなるディーン・カストロノヴァが組んだバンドです。
ジャーニー的なところも当然あるんですが、ジョンのヴォーカルのおかげでバラードの名曲が多いです。
また、ニール、ディーンのテクが冴えるロックの王道ぽい曲もあります。

全米No.1曲の⑤When I See You Smileは名曲です。
①Best Of What I Got、②Heaven Is A 4 Letter Wordはロック。
③Possession、⑧Price Of Love、⑬Don't Walk Awayはジョンの独壇場のバラードです。

2作目発表の頃には、メンバー間の確執から、すでに空中分解状態で、2作品のみの短命バンドとなってしまいましたが、残した作品は素晴らしいバンドです。

| | Comments (83) | TrackBack (0)

April 28, 2005

ジャーニーつながりで

Steve Perry/Street Talk

street_talk

ジャーニーのヴォーカルであったスティーブ・ペリーのソロアルバム。
83年発表。
このアルバムが出た時に、ジャーニーは危ないな、と思ったものでした。
実際86年に活動停止となるわけですが、(またそのアルバムもなんか中途半端なアルバムでしたし、)このソロアルバム自体はかなりいい作品だと思います。
ただし、ロックというより、ポップなラブソング集て感じですけど。

当時の彼の恋人のことを歌っている、①Oh Sherrieはいい曲です。シングルヒットもしました。
ほか、②I Believe、④Foolish Herat、⑥She's Mine、⑦You Shoud Be Happyなどがお気に入りでした。
また、⑨Captured By The Momentは、ジャーニーでのバラードぽい曲だと思います。

94年にソロ2ndをだし、その後、ジャーニーの復活、そして脱退となるのですが、それ以降の活動がどうなってるのか、まったく分かりません。
どうしたんでしょうかね。
またあの声を聴きたいものです。

| | Comments (45) | TrackBack (0)

April 26, 2005

80's名盤(15)「エスケイプ」

Journey/Escape

Escape

ジャーニーの81年発表の代表作の1つ。
ジャーニーは洋楽を聴き始めた当時のお気に入りのバンドでした。
スティーブ・ペリーのハイトーン・ヴォイスと、ニール・ショーンのギター、そして、ジョナサン・ケインのキーボードの音がマッチしたロックバンドです。
産業ロックとか商業ロックとか言われてましたが、大好きでしたね。

最近車のCMで使われていた、①Don't Stop Believin'や、③Who's Crying Nowは、シングルとしても大ヒットしました。
ほかに、④Keep On Runnin'、⑨Mother,Fatherあたりがお気に入りでした。
そして忘れてならない、⑩Open Armsは超名バラードです。
マライア・キャリーが、カバーしたり、昨年は映画の主題歌としても使われてました。
このアルバムはそれこそ、レコードが磨り減るぐらい聴いてました。

86年に活動停止状態になり、96年に、この当時のメンバーで復活アルバムを出しましたが、その後、スティーブ・ペリーが抜けてどうなるかなと思ってましたが、後任のスティーブ・オウジェリーがそれこそ、物まねしてるかのごとく、よく声質が似てるので、あんまり変化ないように見えます。
ニールとジョナサンは健在なので音楽的にもそう変化がないのですが、やはり、スティーブ・ペリーのいないジャーニーはジャーニーではないように思えますね、自分は

| | Comments (43) | TrackBack (1)

April 22, 2005

80's名盤(14)「パワー・ステーション」

Power Station/Power Station

power_station

パワー・ステーションの85年発表のアルバム。
パワー・ステーションとは、デュラン・デュランのジョン・テイラー、アンディー・テイラーと、シックのトニー・トンプソン、そしてロバート・パーマーが組んだユニットです。
ファンクとロックの融合された音楽が素晴らしいアルバムです。
そして、トニーのドラムが最高です。ドラム好きにはこたえられない作品かと思います。
ロバート・パーマーのヴォーカルも渋くて、かっこいいですね。

①Some Like It Hot、⑤Get It On (Bang A Gong)が代表曲ですが、この2曲は本当にいい曲です。
ほか、②Murderess、④Communicationもファンキーな曲で好きですね。

今や、ヴォーカルのロバート・パーマー、そしてドラムのトニー・トンプソンの2名が亡くなってしまったので、もはやこの競演も2度とない事になってしまいました。

| | Comments (38) | TrackBack (0)

April 21, 2005

80's名盤(13)「レクシコン・オブ・ラブ」

ABC/Lexicon Of Love

lexicon_of_love

ABCのデビューアルバム。83年発表。
邦題は「ルック・オブ・ラブ」。
UK出身のバンドで、マーティン・フライのちょっと、くせのあるヴォーカルと、ダンサブルなリズムが特徴です。
あと、PVが結構おしゃれでしたね。

邦題のタイトル曲⑥Look Of Love (Part1)はヒットしました。
あと、②Poison Arrow、⑤Valentine's Day、⑧All Of My Heartあたりがお気に入りです。

ただこのバンドは、「ルック・オブ・ラブ」の1曲だけって感じが、どうしてもしてしまいますね。
まぁ、それほど印象に残る曲であることは、間違いないんですが…

| | Comments (29) | TrackBack (0)

April 19, 2005

80's名盤(12)「カラー・バイ・ナンバーズ」

Culture Club/Colour By Numbers

colour_by_numbers

カルチャー・クラブの2ndアルバム。83年発表。
これまたニューロマンティックの代表格です。
フロントマンのボーイ・ジョージのヴィジュアルなどから、いわゆるイロモノバンドに見られがちですが、非常に耳に残るメロディーの多い音楽性もしっかりした、ポップバンドです。

①Karma Chameleon(カーマは気まぐれ)は非常に聴きやすく耳に残る曲で大ヒットしました。
ほか、②It's A Miracle、⑥Church Of The Poison Mind、⑦Miss Me Blindなど次々シングルがヒットしました。
⑩Victimsもいい曲ですね。

1st、この2ndとアルバムも大ヒットし順調でしたが、次の3rdがやや商業的に失敗し、(個人的には結構いけてるアルバムなんですが)その後しりつぼみになり、最後はボーイ・ジョージの麻薬事件で、バンドは空中分解してしまいます。

| | Comments (64) | TrackBack (0)

April 18, 2005

80's名盤(11)「リオ」

Duran Duran/Rio

Rio

デュラン・デュランの2ndアルバム。82年発表。
UK出身で、ニューロマンティクスといわれた、ヴィジュアルを全面に出したエロクトロ・サウンドの代表格のバンド。
このアルバムはアメリカでも売れ、世界的なバンドになった記念すべき作品です。
当時学校の女の子たちが、サイモンがかっこいいだの、いやジョンのがかっこいいだの言ってたのが思い出されます。

①Rioのイントロを聴くと、あのPVを思い出しますね。
あと、④Hungry Like The Wolf、⑧Save A Prayerなどがシングルとしてヒットしました。
個人的には⑦Last Chance On The Stairwayなんかも好きでしたね。

その後メンバーの脱退など、繰り返しますが、2003年に、この当時のオリジナル5人(ジョン、アンディー、ロジャー、ニック、サイモン)で新作を発表するなど現在でも活動しています。
ニューロマンティクス・ムーブメントで出てきたバンドで現在も活動してるは、彼らぐらいではないですかね。

| | Comments (64) | TrackBack (0)

April 15, 2005

マライアのマイ・ベストといえば

やはりこれですね

Mariah Carey/Mariah Carey

mariah_carey

90年発表のデビューアルバム。
当時7オクターブの音域を持つ彼女の登場で、びっくりしたものです。
おまけに当時20歳でルックスもいいからこのアルバムは大ヒットとなりました。

1stシングルの①Vision Of Loveは高音が美しい名曲で大ヒットしました。
⑥All In Your Loveも同様に彼女の高音が魅力的な曲です。
他、ゴスペル風味の②There's Got To Be Away、ディスコ調の④Someday、さらにラップ風の⑩Prisonerなどが収録されてます。

色々なタイプのリズムに、マライアの美しい声が映える素晴らしいアルバムです。
これ以降、彼女も数々のアルバムを出しますが、未だ、マイ・ベストアルバムはこのデビュー作ですね。
それほど完成されたアルバムだと思います。



| | Comments (37) | TrackBack (0)

April 14, 2005

マライア新作

Mariah Carey/Emancipation Of Mimi

emancipation_of_mimi

マライア・キャリーの新作。
先日のミュージック・ステーションで彼女を見て今回は良さそうと思って、買った1枚。
マライアのアルバムを買ったのは「Daydream」 以来かな。

アルバムのテーマが「The Return Of The Voice」らしいのですが、確かに戻っているような気がします。
それでも1stの頃には及ばないような気もしますが。
ただ、HipPop系が苦手な自分にとってはこれ以上あっちに行かないで… って感じかな。

Mステでも歌ってた②We Belong Togetherはいいですね。
他、④Mine Again、⑥Stay The Night、⑨Circles、⑭Fly Like A Birdあたりがお気に入りです。
こう見るとバラードばかりが好みですね。 笑
ダンサブルな曲もいいんですが、ラップ系ほんまに苦手なので。
でも①It's Like Thatは、何回か聴いてるうちに、いい感じに思えるようになってきたかも。

しかし、全体的に、1曲がみんな短いような気がします。
あれ?もう曲終わり? という感じが多いです。


| | Comments (44) | TrackBack (2)

April 12, 2005

80's名盤(10)「マスター・オブ・パペッツ」

Metallica/Master Of Puppets

master_of_puppets

メタリカの86年発表の3作目。代表作の1つですね。
邦題は「メタル・マスター」。メタリカはファンによって初期派(スラッシュメタル時代)と現在派(ブラックアルバム以降)にかなり分かれてしまうバンドなんですが、この作品はどのファンも認める名盤だと思います。
メタルは、あんまり聴かなかったですが、このバンドだけは別でしたね。
また現在のメタリカも好きです。ほぼ全作持ってるバンドのひとつで、ライブもかなり行ってます。

①Batteryから、かなり衝撃でしたねぇ。そして名曲②Master Of Puppetsこの2曲はライブでも定番の曲です。
さらに④Welcome Home(Sanitarium)、⑧Damage Inc.がお気に入りの曲です。

このアルバムのヨーロッパ・ツアー中に、彼らのツアー・バスが事故を起こし、ベースのクリフ・バートンが他界するという悲しい事が起こりましたが、彼らは、ジェイソン・ニューステッドという新しいベーシストを得て、さらにステップアップして次作「メタル・ジャスティス」を生むこととなります。
このアルバムも名盤です。またの機会に紹介したいですね。

| | Comments (65) | TrackBack (1)

April 11, 2005

80's名盤(9)「スキッド・ロウ」

Skid Row/Skid Row

skid_row

スキッド・ロウのデビューアルバム。89年発表。
このアルバムは発売当時よく聴いてましたねぇ。
ジョン・ボン・ジョビに見出されたバンドということで発売前から注目してましたから。
ストレートでパワフルかつメロディアスなセバスチャン・バックのボーカルが素晴らしいです。

まず出だしの①Big Gunsでやられます。 笑
④Piece Of Me、⑤18 And Lifeあたりも好きです。それになんといっても彼らの代表曲の⑦Youth Gone Wildは最高ですねぇ。
後、忘れてはならないのは⑩I Remember Youですね。これは名曲です。バズのボーカルが一番生かされているように思えます。

結局、バンド自体は長続きせず、最近(03年)、バズのいないスキッド・ロウとして復活しましたが、あんまりパッとしませんでした。オリジナルで復活してくれないかな…
レイチェルや、スネイクとバズの関係が冷え切ってるらしいから無理だろうな…

| | Comments (129) | TrackBack (0)

April 08, 2005

赤みそラガー

ニュースを見てたら、赤みそラガー発売というニュースが…

akamiso

しかも全国発売とか… 

よく見ると金しゃち印だし…

わが故郷ながら、名古屋最近弾けすぎではなかろうか 笑

なんか味噌汁のような色してるらしいんですが

1回、毒味味見してみないといけないな

赤みそといえば、たしかプリッツお土産シリーズにも八丁味噌味というものが存在しております。これは確か愛知県限定発売品だと思いますが…

misoPretz

これは食べましたが、なんか微妙な味でした。 笑

以前お土産でもらった福岡の明太子味は結構いけてたんですけどねぇ

| | Comments (35) | TrackBack (0)

April 07, 2005

80's名盤(8)「アペタイト・フォー・ディストラクション」

Guns N' Roses/ Appetite For Destruction

appetite_for_destruction

ガンズ&ローゼスのデビューアルバム。87年発表。
衝撃的かつ大ヒットした1stです。時代を変えてしまったとも言っていいようなロックの名盤です。
初期ジャケットはもっと過激でしたね。(俗に言うRapeジャケット…発禁になりました)
セックス&ドラッグとロックを表現してるというか。

東京ドームのライブに学校さぼっていったことを思い出します 笑

なんといってもまず、①Welcome To The Jungleですね。あのイントロと「シャナナナナナナナ・・・、ニィ~ッニィ~ッ」 は忘れられません。

あと、⑥Pradise City、⑨Sweet Child O' Mineもメロディアスな名曲ですし、⑤Mr. Brownstoneも好きですねぇ。

この後、メンバーが非常に激しく入れ替わり、今やオリジナルはアクセルのみとなってしまいました。ぜひ、オリジナルで復活して欲しいものです。

ところで、新譜のチャイニーズ・デモクラシーは果たして出るのですかねぇ。

| | Comments (140) | TrackBack (0)

April 05, 2005

番外編 アラベスクだぁ~

Arabesque/New Best One

new_best_one

BookOffで見つけて思わず買ってしまった1枚。
アラベスクのベスト版(多分日本独自版じゃないかな?)。
いやぁ~非常に懐かしいです。 笑

中学の頃、うちの学校にはバトン部がありまして、その練習にかけていたのを思い出します。
その横で部活の練習してましたな。
というか、見ていたとも言うが 笑

リアルで聴いていたのは、⑩恋にメリーゴーランド、⑪キャバレーロに夢中、⑬ビリーズ・バーベキュー、⑰フライデイ・ナイト辺りです。
⑱ハロー・ミスター・モンキーは有名ですが、リアルでは聴いてませんね。

この頃って似たような女性グループ多かったですね。
キャンディー・ポップとか言われてますが、流行っていました。
有名どころではノーランズ(ダンシング・シスターなど)、あとトリックス(恋のキラキラダンスなど)とか、ドリー・ドッツ(レディオ・ギャルなど)などが記憶に残ってますね。
これらの曲に限っては原題はいらない気がします。皆邦題で覚えてるしねぇ

In For A Penny、In For A Poundといわれてもまったくピンときませんですし…
(ちなみに”恋にメリーゴーランド”の原題です)

| | Comments (51) | TrackBack (0)

April 04, 2005

エヴァネッセンス

前回のジャケットから思いついたので…
(顔のアップということで)

Evanescence/Fallen

Fallen

エヴァネッセンスのデビューアルバム。03年発表。
女性ボーカル(エイミー・リー)のハードロックバンド。でも彼女の歌声が非常にのびがあって、それこそゴスペルでも歌ってるようなのびやかさがあります。音は激しいのに、癒し系とも言うべきか。
それにすごくかわいい 笑
(ジャケ写はちょっと、怖そうですけど)

シングルヒット曲②Bring Me To Lifeはすごくいい曲ですね。
あと、①Going Under、④My Immortal、⑥Tourniquetがお気に入りです。
特に④はピアノとボーカルのみの曲で感動ものです。

全世界で1300万枚以上売れて、グラミーも獲って一気にメジャーバンドになりましたが、メインソングライターが脱退したり、メンバーの入れ替えが激しいのが気になります。

なかなか2ndもでないしねぇ…

| | Comments (137) | TrackBack (0)

April 02, 2005

80's名盤(7)「ノー・ジャケット・リクワイアード」

Phil Collins/No Jacket Required

no_jacket_required

フィル・コリンズの代表作。85年発表。
85年のグラミーのアルバム・オブ・ザ・イヤー受賞。

ジャケ写の顔のアップにちょっとびっくりしますが、(当時彼は、キューピーおじさんといわれてました 笑)これもすごく売れたアルバムです。
また彼はこの頃、世界で一番忙しいアーティストと言われてました。ソロ活動に、バンド活動(ジェネシスのドラマー&ヴォーカル)、さらにプロデュースやフィリップ・ベイリーとのデュエットなどの競演(Easy Loverは超名曲!!)などなど。
働きすぎとも言われてましたね。

このアルバムは元ジェネシスのピーター・ガブリエルや、スティングなども参加してます。


バラードの名曲⑤One More Nightや、ダンサブルな①Sussudioなどいい曲ばかりです。
⑥Don't Lose My Number、⑩Take Me Homeあたりも、ヒットしてました。

まさしく名盤と言っていいアルバムだと思います。

| | Comments (127) | TrackBack (0)

April 01, 2005

開幕

いよいよセリーグが開幕です。

自分は小学校の頃からのドラゴンズファンなのですが、ぜひ連覇と日本一目指してがんばって欲しいものです。


しかし… 今日の中継って
巨人は、なぜ試合終了までなのだ? 納得いかん

関西なので、阪神の中継があるのはしょうがないのだが…

この季節になると、関西に住んでいることが、もどかしくなります 笑

BSも今日は楽天の試合か…

残念

| | Comments (2050) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »